MENU

2011年東日本大震災後・・・全ては、他者の幸せを願うことから始まった。

~はじめに~
2011年3月11日、東日本大震災。
テレビ越しに見た信じられない映像。生きたまま車ごと流されてゆく人たち・・・
とても見ていられず、テレビを消しました。
あの時の衝撃は一生忘れることはないと思います。
すぐに被災地へかけつけた友人、すぐにチャリティーイベントを開催した知人、すぐに被災地の復興支援へ出向いた当時知り合う前の夫・・・。
当時理学療法士として就職目前の私には、募金以外何もできませんでした。
すぐに被災者の方々へ役立てる知識や技術は、何も持ち合わせていませんでした。


元々アクセサリーや洋服など手作りするのが大好きな私。
趣味的に自己流で様々なものを作っていましたが、本格化したのはこの2011年頃。
20代半ば、年齢的にも友人たちが次々と結婚し始める時です。
ウェルカムベアの洋服づくりや、ウェルカムボードなど、様々な作品を作りました。
この、”誰かの幸せを願うこと”を続けることが、個展開催への一歩となりました。
まずはその当時の作品たちから紹介させていただきます。



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる