つわりで経験、4つの痛み~産前産後のママの痛みは世界基準~

ユコ

第1子の妊娠中で重症妊娠悪阻になったユコです。
悪阻中に感じた辛さについて、医療者目線でまとめてみました。
苦しみや痛みは主観第一でいい!
そんなメッセージを世の中の妊婦さんみんなにお伝えしたいです♪

目次

つわりで経験した4つの痛み

①体の不調

1)身体症状

重症妊娠悪阻で私が感じた身体の辛さはこちらです。

・吐気、嘔吐(終わらない)
・食欲不振(どんどん食べられるものがなくなる)
・胸やけと胃痛(終わらない)
・頭痛、めまい
・動悸、息切れ
・全身倦怠感(体感重力100倍)

2)日常生活の困難

1)が原因で、日常生活の様々なことが困難に・・・(><)

・寝返りで吐く(ピーク時)
・起き上がり困難
・着替え困難
・トイレまで四つ這い(歩行困難)
・歯磨きで嘔吐
・風呂は1日の最難関行事

②心の不調

①体の不調がいつまでたっても改善せず、精神的にもどんどん下がってしまいました。

・いつまで続くか分からない苦しみへの不安
・辛すぎて死にたいと思う自分への自己嫌悪
・辛すぎて赤ちゃんのことまで考えられない自分に自己嫌悪
・家事ができない自分に自己嫌悪
・支えてもらうことへの申し訳なさ
・働けずお金が心配
・何も前向きに考えられない
・こんな自分が母になれるかの不安
・辛い、苦しい、痛い、
 誰か助けて!
・涙が出る

③社会から切り離された感覚

・運転できずどこにも出かけられない
・日用品の買い物にも行けない
・そもそも日常生活全てが不可能
・急に休職となり職場に申し訳ない
・自分の担当していた患者さんが心配
・この先職場復帰できるのか心配
・職場復帰してもやっていけるか心配
・「毎日夕方体調報告するように」と言われ吐きながら上司に毎日ライン。信頼されてないのかと悲しくなった。
・理解してもらえない孤独感
・誰にも会えない寂しさ

④絶望感

・(妊娠初期あるある)少し眠れたと思ったら、恐ろしい悪夢ばかり
・なぜかやたら思い出す嫌な過去のこと(これも初期あるある?)
・自分の人生への不安
・母になる不安
・自分自身への自信のなさ
・こんな弱い自分じゃこの先やっていけないかもしれない
・やたらネガティブループに陥り続ける。
・しかも止められない

WHO(世界保健機関)4つの痛み

今までまとめた4つの痛みは、WHOで定義づけられている痛みの分類に当てはめることができます♪

様々な苦痛がやってくる産前産後
まずは「①身体的苦痛」の改善が最優先!

まずは苦しみや痛みの回復が一番!
苦しみや痛みがとれなくちゃ、②~④の解決なんて、そもそも無理!
だから、休んで大丈夫。
そんな自分を責めなくて大丈夫。

つらい時は、休もう!

ママと赤ちゃんの命は何にも替えられません。
悪阻や出産で亡くなる方もいます。
ありきたりな言葉ですが、仕事にかわりはいても、お腹の赤ちゃんのママは、あなただけなんです。

職場へは、医師に「母子連絡カード」や「診断書」を書いてもらい提出することで、双方納得してお休みできます。「診断書」の提出で、休業中職場が給与を支払う負担もなく、健康保険組合から「傷病手当」を受け取れます。中途半端に限界ギリギリまで頑張りながら仕事でミスしたりや赤ちゃんへのリスクが高まるより、医師にお墨付きをもらって思い切って休むことの方が、双方にとってプラスになることも!

大丈夫!

・もしも心無い言葉を言ってくる人がいたとしても・・・大丈夫。気にしないでいいです。それがたとえ身近な人であっても、距離を置いていい、無視したっていい!ママが笑顔でいられる選択をすることが、赤ちゃんや家族、大切な人みんなの笑顔につながります。

・苦労する場面も時期も程度もほんと人それぞれ。妊娠するまで、悪阻、切迫や入院、それによりオペをする人、出産、産後・・・苦しみや辛さは主観第一でいい!そもそも他と比べられるものではないんです。

貴重なマタニティ生活が、
全ての妊婦さんにとって
素敵なものになりますように★

ユコ

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

ユコ
ママ&キッズの足育専門理学療法士
理学療法士のユコです。
4歳の男の子のママ。家事・育児の傍らオーダーメイドインソールの作製やママや子供達への足育を促す活動を行っています。
ママに役立つ足元からのお役立ち情報の発信で、心身共により健康に大人も子供も成長できる社会を目指し日々奮闘中♪
専門家ならではの情報発信はもちろん、ワーママならではの日常お役立ち情報なども紹介します♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる