2回のつわり経験で学んだこと3選!

ユコ

お越しいただきありがとうございます。
今回は、今まで2回経験したつわりで
学んだこと3選を紹介します♪

目次

①何度経験しても辛い!

2回目の妊娠、2回目の悪阻

1回目は重症妊娠悪阻で正に死ぬ程辛かったんですが、それよりマシだったとはいえ2回目で3ヵ月近く続いたつわりはやっぱり辛かったです。

正直、もう二度と経験したくない!
というのが今の本音・・・

(でも赤ちゃん産まれたら可愛くてやっぱりもう一人欲しくなる気持ちもすごくわかるんですけどね♪)

②どんなつわりも辛い!

1人目と2人目のつわり、全然違いました!

例)つわり時の食の好みの変化:
1人目妊娠時…酸味のあるものならまだOK
2人目妊娠時…酸味は全てダメ!

入院する程のつわりはもちろん辛いですが、自宅で耐え続けるのも辛かったです。
動ける程軽い人であっても、不快症状があるままお仕事や家事育児は本当に辛いと思います。

重さ軽さ関係なく、
つわりは赤ちゃんそれぞれ
人それぞれ!
辛いもんは辛い!

③頼る事の大切さ&感謝

1回目の経験から

1人目の時は、
「家族にも職場にもとにかく頼るのは申し訳ない!妊婦さんはみんな吐きながらでも頑張ってるんだ!」と、
変な意地で結局悪化の一途をたどりました。

2回目つわり時は、はじめから
「人に頼る」
「無理はしない」
「症状は赤ちゃんの声」

と、割り切って家族に甘えました。

私のかわりに家事育児を1人頑張ってくれた夫にも、
夫の真似をしてママを支えようとしてくれた息子にも、
少しでも食べれるものをと食材を送ってくれたりと支えてくれた実家の父母にもとても感謝!

妊娠期間からみんなで子育てしているという実感があります。

(なんで1人目のときあんなに意地はってたんだろう…最初からもっと頼ればよかったなあ…)

余談:年の差とパパ育

つわりが怖すぎて結果的に長男と下の子は5歳差で妊娠となりました。
今ではそれも良かったのかーなと。

子供は4歳ともなると言葉も割とわかるし、
ママの辛い状況への理解もある気がします。

(オムツも外れてるし、手がかからなくなるのは4歳ごろからな気がします・・・)

また、この5年での夫のパパ力、
家事能力の向上はすごいもので
(もちろん私自身もですが)
お陰で本当に助かりました。

とってもとっても!
感謝しています♪

世の中のつわりで苦しむ全ての妊婦さんの苦しみが、少しでも早く軽減されますように。

ユコ

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

ユコ
ママ&キッズの足育専門理学療法士
理学療法士のユコです。
4歳の男の子のママ。家事・育児の傍らオーダーメイドインソールの作製やママや子供達への足育を促す活動を行っています。
ママに役立つ足元からのお役立ち情報の発信で、心身共により健康に大人も子供も成長できる社会を目指し日々奮闘中♪
専門家ならではの情報発信はもちろん、ワーママならではの日常お役立ち情報なども紹介します♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる