オススメシューズもご紹介♪靴を買う前に、足を測ろう!

ユコ

お越しいただきありがとうございます。

前回の記事で、正しい靴選びが体づくりに加えて知育にも繋がる!とお話をしました♪
そこで今回は足の計測で必要な
①足の長さ(足長)②足の幅(ワイズ)
この両方を測る方法をお伝えします♪

目次

足の長さを測ろう!

足の長さを測る時、シューフィッターや理学療法士など専門家はこちらのフットゲージと呼ばれるものを使っています。

でもとっても高いし(6000円くらい)手軽には使えず練習も必要なので、時々使うのには以下記載のフットメジャーがおすすめです♪

足長の測り方①

①かかとを合わせます
②人差しゆびを矢印ラインに合わせます

足長の測り方②

③一番長いゆび(親ゆびor人差しゆび)に、つまみを合わせます

※足の長さのラインは、第2中足骨のライン、つまり人差し指と踵の真ん中を結んだラインと決められています!

足の幅(ワイズ)を測ろう!

そもそも何で足の幅も測るの?

実は、足が細くて柔らかい人は、靴がブカブカして足の障害が起きやすいんです!

靴の中で足のスレが起こると、ウオノメやタコ、巻き爪、踵のガサガサの原因となってしまいます。
また、つま先が詰まりやすく、外反母趾や扁平足、寝指の原因にも!

そこで、足の太さと柔らかさを確認するため、足の幅(ワイズ)を測ります。
足の長さとワイズがわかることで、より足にフィットする靴選びができるようになります♪

まず、こちらの表を準備!

ユコ

表は手書きでOK!
荷重→立って測った値
非荷重→座って測った値
を示します。

①立って測る(荷重位)

まず、軽く足踏みしてまっすぐ前を見て立ってもらいます。

足の周径(足囲)

写真のように、親指と小指の付け根の最も太い位置の周径をメジャーで測ります。

ユコ

軽く押さえる程度
ぎゅっとまきつけすぎない
のがポイント!

足の幅(足幅)

紙(A4用紙でOK)の上に片足を乗せて立ってもらいます。

ユコ

この記録を、表の「荷重位」
の欄に記載します。

②座って測る(非荷重位)

足の周径(足囲)と足幅

ユコ

この記録を、表の「非荷重位」
の欄に記載します。

例)記載すると、表はこうなりました。

ワイズ表をマスターしよう!

まず、以下のワイズ表を準備します。

ワイズ表の見方

①まず、足長をチェックします
②足囲、足幅の近い値にチェックします。
 中央値は大きい方の値にチェックします。

③ワイズの範囲はE~4Eということがわかりました!

ワイズの範囲がE~4Eの場合は、真ん中の値(2Eと3Eの間)のうち、大きい方の値である3Eがジャストフィットサイズとなります!

ユコ

同じワイズ表記でも靴の構造によって若干違う場合があるので、靴の試着ができる場合は、2Eと3Eの両方履いて歩いてみて、フィットする方を選びましょう。

オススメキッズシューズ3選!

以上を踏まえて、靴選びができればもう完璧!
以下ではユコの独断と偏見によるオススメキッズシューズをご紹介いたします。

アシックスのスクスクシリーズ

ユコ

16cm以上のスクスクシリーズはターンバックベルトですが、ベビーサイズはマジックベルト2本なのがちょっと残念・・・国産靴でベビーのターンバックベルト靴を出してほしい!!!

ムーンスター

ニューバランス

ユコ

最後までお読みいただきありがとうございました!

ユコ
ママ&キッズの足育専門理学療法士
理学療法士のユコです。
4歳の男の子のママ。家事・育児の傍らオーダーメイドインソールの作製やママや子供達への足育を促す活動を行っています。
ママに役立つ足元からのお役立ち情報の発信で、心身共により健康に大人も子供も成長できる社会を目指し日々奮闘中♪
専門家ならではの情報発信はもちろん、ワーママならではの日常お役立ち情報なども紹介します♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる